契約書のチェック

契約書作成・見直し

「契約書を提示されたけど,これで問題ないだろうか」「契約書作成後に,取引先と作業の範囲でトラブルになった…」「日頃使っている契約書で不備はないだろうか」「契約書を作成する上でのポイントを教えて欲しい」

こんな疑問はありませんか。当事務所では,将来のリスクに備えた契約書をご提案いたします。


~適切なリスクヘッジが、企業を育てる~

こんなときのために

「追加工事分の料金が未払い」
「仕入れ先が納期を守らないので,商品を売れない」


日常的な企業活動にも,リスクは至るところに存在します。契約書をきちんと締結していれば,このようなリスクに対応することができます。

逆に,契約書がなければ,合意の内容を立証するのは容易ではなく,思わぬ損害を被ることもあります。 契約書を今一度見返してみてください。

チェック!
契約の目的となる権利・義務は明確に記載されているでしょうか?

相手先の信用度に応じて、適切な担保はとっているでしょうか?

万が一の場合に備えて、損害賠償額の予定を定めているでしょうか?


契約書中に明らかにしておけば,裁判等の紛争にならずに済むことがあります。また仮に裁判になったとしても,契約書は、裁判の勝敗を左右することも少なくありません。

しかしながら,実際の裁判では,契約書中の曖昧な文言や,契約書作成の経緯,作成後の事情などが争点になることが多々あります。

 

実際に裁判を行っている弁護士だからこそ,紛争になりそうなポイントを抑え,契約書に盛り込むことで,適切なリスクヘッジを行うことができるのです。

 

当事務所では,様々な場面を想定し,契約書の作成・見直しを行っております。

今日では、企業を取り巻くリスクは、多様化しております。

相手先の倒産、品質についての瑕疵、…等

企業が活動する場面には、その分リスクが潜んでいます。

日常的な企業活動においても、

適切なリスクヘッジは、企業活動に不可欠なのです。

  

顧問契約を結んでいるお客様には契約書のサンプルを提供させていただいております。

おこのぎ法律事務所 TEL:027-325-0022

ぐんま事務所 TEL:027-372-9119

けやき野事務所  TEL:048-827-5168

弁護士法人龍馬